経済的自由を目指すためにやめたこと3選

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。ただ自分が良い!と思ったものだけオススメしています。
経済的自由のためにやめたこと 生活の知恵
スポンサーリンク

※あくまで経済的自由を目指すためにわたしたちがやめたことであり、これらがよくないというわけではございません。

この記事を書いた人
南の島で経済的自由を目指す夫婦

・アラフォー夫とアラサー嫁

・数年で  資産3000万円オーバー達成

・資産5000万円でサイドFIRE目指す

・エンタメ(円貯め)風に発信

南の島で経済的自由を目指す夫婦をフォローする
スポンサーリンク

会社の給与に依存すること

会社に依存

会社の給料、なかなかあがらんのう、、、

これはデータでもなはっきり出ちゃってます。

国税庁データ  民間給与実態統計調査結果

https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/jikeiretsu/01_02.htm

こんな小難しいもの出さなくても、わたしたちも普通に雇われの身で働いていますが実感として手取りがなかなかあがらないなと感じています。

しかも旦那がこう言っていました。

ダンナ
ダンナ

そういえば俺、父ちゃんが40歳のときにもらっていた給料を覚えてるんだよね。1990年くらいかなぁ。

ダンナ
ダンナ

なんかさ、いま40歳で当時と父ちゃんと同じ歳だけど、ほぼ給料変わってないんだよね、、、

どうやら30年も給料があがらないのは、マジなようです。

国も資産形成や副業をすすめるようになってきています。

国の方
国の方

来年から新NISA始まります。

安心して副業するためのガイドラインを改定しました。

これをわたしたちなりに翻訳しました。

「これからの時代、ただ単に本業だけで生活していくのは厳しくなるだろうから投資とか副業とかやって自分でがんばって下さい。」

ということで、本業一本で経済的自由を目指すのはなかなか難しそうなので、給与だけに依存することをわたしたちはやめました

大人になったら買って当たり前みたいなモノを買うこと

持ち家
  • 新築一戸建て
  • 車も買うなら新車一択
  • 男なら高級時計をつけるべし

まだまだこういう風潮はあると思いますが、わたしたちはこれらをやめて、経済的自由にシフトチェンジしました。

ここでもダンナを登場させます。ダンナも昔はこういう考えだったようです。

ダンナ
ダンナ

20代のころはさ、男なら家は買っとかないとって思ったんだよね。ただ35年ローンを考えると早めに買わなきゃと思って、焦って29歳のときに買っちゃったのよ。

ダンナ
ダンナ

不動産屋にも「賃貸に家賃払いつづけるのムダじゃありません?」「同じ金額でローン払い続けたら、35年後は家はあなたのものですよ」言われちゃって、納得しちゃったんだよね。

新車は買わなかったみたいですが、高級腕時計も普通は買うものみたいな気持ちで買ったようです。

今はその持ち家も手放し都会から南の島に移り住んでのんびり暮らしています。

ダンナ
ダンナ

家を買ってすぐは満足感あって良かったけど、数年経てば特に買って良かったと思うことはなかったんだよね。

ダンナ
ダンナ

それよりも年月経つごとに住宅ローンと修繕積立金が重くのしかかってきて、支払いキツイなとしか思わなくなったよ、、

ダンナ
ダンナ

今は借金とオサラバできたし、賃貸暮らしで身軽だから精神的に楽になったよ!

収入上がった分支出もあげること

支出をあげる

残業代がたくさん出たから、ちょっと高めのモノ買っちゃお。がんばったから自分へのご褒美だね!

わたしたちも昔はこんな感じで収入上がったらその分しっかりと使ってました。これではお金が貯まる訳ありません。

1億稼いでも1億すべて使ってたらそりゃあ貯金無しです。

収入-支出=貯金

こういう単純な数式ができていませんでした。

今は収入上がっても生活水準は変えてません

まとめ

経済的自由を得るためにやめたこと

  • 会社の給与だけに依存すること
  • 大人になれば買って当たり前と世間で言われているものを買うこと
  • 収入上がった分、支出をあげること

今日は以上です。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

南の島

コメント

タイトルとURLをコピーしました