【無理ゲー?】親の言うこと聞いてライフプランたててみた

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。ただ自分が良い!と思ったものだけオススメしています。
ライフプラン 投資
スポンサーリンク

本記事は

  • 親世代(1950年代~70年代)の暮らしって今でもできるの?
  • 親世代のフツーを真似て、ライフプランたてても大丈夫だよね?
  • さすがにもう親世代のライフプランじゃ無理だから、周りのみんなに合わせれば大丈夫じゃない?

といった方にむけてのものです。

では、早速見ていきましょう!

この記事を書いた人
南の島で経済的自由を目指す夫婦

・アラフォー夫とアラサー嫁

・数年で  資産3000万円オーバー達成

・資産5000万円でサイドFIRE目指す

・エンタメ(円貯め)風に発信

南の島で経済的自由を目指す夫婦をフォローする
スポンサーリンク

結論:庶民が親世代のライフプラン真似ると借金地獄です

ノーマネー

借金地獄だなんてそんな…、オーバーじゃない?

これが大真面目なんです。

まず、ダンナがお父さん(1950年生)から言われていたことを参考にしてみます。

ダンナの父
ダンナの父
  • 息子よ、男は新築一戸建てを買ってから一人前って言われているんだ
  • 車は新車を何年かに一度は買い替えるんだ
  • 子どもは3人以上がいいぞ
  • 子どもは大学まで通わせるんだぞ
  • 仕事はひとつのところで定年まで勤めあげるんだ
  • 男だけ働いて奥さんは専業主婦してもらったらいいんじゃないか
  • できれば大企業か公務員がいいけど、フツーの会社に入れば御の字だ
  • 副業?そんなことしないで、本業だけやってりゃいいんだ
  • 投資?そんなアブナイもんに手を出すんじゃない

※このライフプランは、義父の世代では当たり前と言われていたもので、義父が現役のころはこれが正解だったんだなと思います。

では、これでライフプランシミュレーションをした結果がこれです。

https://www.fsa.go.jp/teach/simulation/
コロ
コロ

う、う、ウソだわん!借金1億円とかヤバすぎだろだワン!やり方、間違ってんじゃないのかだワン?

この結果については目を疑ったので、とりあえず年収を平均的な560万円(出典:国税庁)にしてみました。

https://www.fsa.go.jp/teach/simulation/
コロ
コロ

は、は、HAHAHAHA!ムリゲーじゃないかだワン!

ごらんのとおり、親世代のフツーをそのまま踏襲すると借金地獄に陥ってしまいます

  • 新築
  • 新車
  • 子ども3人以上
  • 男の一馬力
  • 子どもの大学費用
  • 本業1本
  • 貯蓄だけ

これらのうちどれかをあきらめるか、仙人みたいな節約生活、年収をバグらせる、投資で爆益狙うかしかなさそうですね。

30代、40代のフツーでシミュレーションしてみた

自転車

さすがに昭和のフツーが通じない世の中だってことわかっている人も多いでしょ?最近の働き盛りのフツーなら大丈夫じゃない?

それではわたしたち世代のフツーでシミュレーションしてみたいと思います。

わたしたちは、サイドFIREを目指しているので倹約家の部類に入ると思いますので、わたしたちのライフプランは参考にならないと思います。

なので、同年代のフツーを挙げてみます。

  • マイホームはやっぱり欲しいよね
  • 女性も働かないと経済的にキビしいよね、でも子育てもあるからパートかな
  • 子どもは多くても2人が限界かな
  • 新車は高いから中古にしようかな
  • 投資はやっぱりコワイ
https://www.fsa.go.jp/teach/simulation/

長期的に見ればプラスになっていますが、20代から30代にかけては苦しい生活を強いられますね。

金融庁が設定している平均年収だと、若者が生活に苦しむのが明らかですね。

貯蓄残高が大きく減る30歳は、結婚式や出産が重なるので出費が増すからですね。

これだとジミ婚にするとか、子どもができるのを遅らせるかなどするのも無理はありません。

結果、やはりわたしたち世代のフツーでも経済的に苦しいのは変わらないようです。

そうなると、やはりわたしたちが本ブログで伝えている、倹約、投資、副業などが必須となってくるのです。

このライフプランシミュレーションは面白いので、皆様の色んなパターンを考えて、やってみることをオススメいたします!

どうすればいいのか:親世代のフツーはあきらめて、倹約、投資、副業するっきゃない

暮らし

わたしたちが提案する解決策は、本ブログでも繰り返しお伝えしている

  • 生活の満足度を下げない程度に節約して、支出の最適化する
  • ふるさと納税、つみたてNISAやiDeCoなど優遇制度使って、余剰資金はインデックス投資に
  • 余力があれば、副業をする

ということに尽きます。詳しく知りたい方はこちらを御覧いただけるとありがたいです。

本記事が皆様の参考になれば幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました