【2年の実績公開】全世界株式か米国株式 結局どっち?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。ただ自分が良い!と思ったものだけオススメしています。
全米か全世界 投資
スポンサーリンク

本記事は

  • 全世界株式か米国株式のインデックスファンドはどっちがいいの
  • 俺たちのアメリカが最強なんじゃないの カモンベイビーアメリカ!
  • アメリカの有名企業は世界に進出しているから、全世界に投資しているようなもんじゃないの
  • 両方買っている人の運用実績を知りたい

といった方に向けてのものです。

どちらが今後、利益をあげられるかは専門家の分析に任せるとして、ここではわたしたちが2年ほど両方に投資してきた結果についてシェアしたいと思います。

例えるなら、

マグロ丼と海鮮丼はどちらが美味しいのか、PFCバランスや栄養素、旨み成分の量を研究する

みたいなのは専門家にお任せして、わたしたちはどっちも美味しそうだから、どっちも食べてみた!みたいな感じですね。

結果は、どちらもウマッ!でした。

美味しい

それでは早速見ていきましょう!

この記事を書いた人
南の島で経済的自由を目指す夫婦

・アラフォー夫とアラサー嫁

・数年で  資産3000万円オーバー達成

・資産5000万円でサイドFIRE目指す

・エンタメ(円貯め)風に発信

南の島で経済的自由を目指す夫婦をフォローする
スポンサーリンク

結論:現時点ではどちらも絶好調

うれしい

なんじゃ、そりゃ?答えになってないよ

どっちかに軍配をあげてほしいわ

こちらは、つみたてNISAで全世界株式と米国株式のインデックスファンドに投資している内訳になります。金額に多少違いはありますが、投資額が違うだけでして、始めた時期は一緒なので、利益率をご覧いただければと思います。

つみたてNISA銘柄

アメリカの代表的指数であるS&P500連動型インデックスファンドの損益率は22.95%

全世界株式インデックスファンドの損益率は21.08%となっております。

これは昨今の円安の影響で日本円での評価額がかなり上がっているというのも大きな要因ではありますが、日本株式も米国株式も去年に比べて好調であるのは間違いありません。

3%弱の違いがあるだけで、あまり差は開いておりません。といいますのも、全世界株式インデックスファンドの全体に占める米国の割合は6割強となっておりますので、米国が好調であればどちらもあがるっていうわけですね。

20年後も米国一強が続くと思うなら米国株でもいいのでは

米国

わたしたちが実践しているインデックス投資は、長期投資を前提にしています。

金融庁も長期投資をゴリ押ししていますね。そうすればかなりの確率でお金が増えるといってくれています。こちらの記事で紹介しておりますので、ご覧いただけますと幸いです。

金融庁のホームページでも、20年の長期投資なら2%~8%はほぼ確実にお金が増えると解説してくれています。

出展:金融庁 https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/attention/01/01_03.html

たしかに20年後がどうなっているかなんて誰にもわかりませんが、わたしたちは20年後の未来も明るいと信じているので、インデックスファンドに投資をしています。

今後、わたしたちは手堅く全世界株式に比重を移していく

全世界

じゃあ、結局は今後も両方のインデックスファンドを買っていくのかいな

ダンナ
ダンナ

俺たちのアメリカも今後は成長が続くとは思いますが、ぼくたちは保守的なので全世界株式に比重を置いていきます、マグロ丼も美味しいけど、海鮮丼はバラエティ豊かだからそっちを今度はいっぱい食べようかなってことです、HAHAHA!

つみたてNISAでは米国株式に多めに投資していましたが、アメリカ一強が20年後も続いているかは正直わからないので、投資資金は手堅い全世界株式に移行していこうかなと考えています

前述のとおり、わたしたちが投資しているオール・カントリー通称オルカンは6割強がアメリカとなっているので、実質的にアメリカへの投資が一番なのは変わりありませんが、、、

まとめ:米国か全世界かどちらも絶好調なので、投資しないことが一番のリスク

以上をまとめますと

  • 米国株式は2年で約23%の利益率
  • 全世界株式は2年で約21%の利益率
  • どちらも平均的な成長率4~7%を大きく上回っている

ということでした。

最近では、物価上昇、賃金据え置き、光熱費の高騰などわれわれ一般庶民の生活が苦しくなってきているのは間違いありませんが、それに対抗するには投資が必須です。

物価上昇、光熱費の高騰に対処するための方法なども記事にしておりますので、あわせてご覧いただけますと幸いです。

やはり、一番のリスクは投資をせずにそのまま時間が過ぎていくということだと思います。

投資がパワーを発揮するのは複利の力がすさまじいからであり、複利には時間が必要なんです。それについても深堀して解説していますので、ご覧いただければと思います。

本日は以上になります。

ここまでご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました