【40代の方向け】貯金テクニック=時短テクニック?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。ただ自分が良い!と思ったものだけオススメしています。
時短テク 生活の知恵
スポンサーリンク

本記事は

  • 時間もお金も足りない、、、
  • 時短テクニックと貯金テクニックを同時に学びたい
  • 精神と時の部屋があったら入りたい、、、神様!ミスターポポ様!

といった方にむけてのものです(最後のはネタです、すみませんm(__)m)。

ズバリ

時短と節約は両立できる

です!

この記事を書いた人
南の島で経済的自由を目指す夫婦

・アラフォー夫とアラサー嫁

・数年で  資産3000万円オーバー達成

・資産5000万円でサイドFIRE目指す

・エンタメ(円貯め)風に発信

南の島で経済的自由を目指す夫婦をフォローする
スポンサーリンク

忙しすぎの現代人

忙しすぎの現代人

現代人はとっても忙しいと言われています。

仕事、家事、育児、介護、副業、勉強、SNSなどなどやることがたくさんあります。

データでも忙しいってのが出ております。

Q.心の豊かさを感じるのはどういうときですか。

という問いに対して、30代の方は

1位 経済的な豊かさ

2位 時間的な余裕

お金に次いで時間が欲しいと言っています。詳しくはこちらの記事で紹介しておりますので、ご覧いただけますとありがたいです。

では、何に時間を費やしているのでしょう?

睡眠を除くと仕事と家事のようです。詳しくはこちらの記事で紹介しておりますので、興味ある方は御覧いただけるとありがたいです。

ここではわたしたちが実際にお金を貯めるテクニックで時短できたものを紹介していきます。主に家事と仕事関係の時間を節約できるものに絞っていきます。

では、見ていきましょう!

家計管理を自動化する

自動化

お金を貯めるにはまず、家計簿をつけて支出を把握して、先取貯金をするのが先決です。こちらの記事で紹介しておりますので、御覧いただけるとありがたいです。

家計簿をアプリで管理し、キャッシュレスをすすめて、日々の支払いも自動化してしまえば、それにかかる手間も時間もなくなります。例えば

  • 手書きの家計簿をつける
  • 通帳記入するために銀行のATMに行く
  • 水道光熱費を払うためにコンビニに行く
  • 家賃の支払いをするために銀行ATMに行く
  • 積立投資をする
  • 先取り貯金する

これすべて自動化できちゃいます。お金貯まる人は必ず入れているアプリという記事も書いておりますので、御覧いただけるとありがたいです。

機械ができることは機械にやらせて、自分はラクしちゃいましょう!そうすれば、お金も貯まりますし、時間も確保できます。

時短家電を使う

料理

家電を買うってお金使っちゃってんじゃん、お金貯まらないじゃん、、、

実は時短家電は長期で見ればお金が貯まると思っています。

わたしたちが実際に買ってよかった時短家電は、圧力鍋です。今まで1時間以上はかけて作っていたカレーが15分くらいで済んじゃいます。

雑に言えば、具材を適当にザクザク切ってぶち込んでスイッチオンすれば、勝手にカレーができちゃうんです!

火にかけてコトコト煮ながら、具材の煮え具合をずっと見なくてもいいんです!

カレー

実際にわたしたちが使っている圧力鍋はこちらになります。

カレーは一例ですが、肉じゃがや煮物系などもほったらかし調理でできちゃうので、時短家電としてはとっても優秀です。

しかも一度、たくさん作ってしまえば2~3日は持つのでとってもオススメです。

時短家電を買って自炊をラクに済ませれば、外食する場合よりもお金も貯まりますし、時間も確保できます。

完璧を目指さない

やすらぎ

完璧を目指さないってどゆこと?適当でいいってこと?

そうなんです!完璧を目指そうとするとやはり時間と労力がかかると思います。

小学生のテストでも50点から70点に上げるのと、80点から100点に上げるのとではどうしても後者のほうが時間と労力がかかると思います。

わたしたちは家事も同じだと思っています。

一日三食のうち2食は手を抜く

家事をするうえでおそらく最も多くの時間を費やすのは、料理関係だと思います。買い物して、調理して、お椀洗って、などなど。1回を1時間とすると毎日3時間を費やす計算です。

それを一日3回も完璧にやるなんてとってもたいへんだし、とても時間がかかります。

そこでわたしたちがやっているのは、ちゃんと作るのは夕飯1回だけというものです。参考までにこちらがダンナのメニューになります。夕飯を多めに作って、翌日の昼のお弁当にまわすという手法です。

朝:プロテインとコーヒー

昼:前日の夕ご飯の残り

夜:帰宅後に調理

ダンナはこういった生活を3年くらい続けていますが、健康体を保っています。

1日3時間→1時間となると、1か月で60時間の時間が節約できちゃいますね!

節約やポイ活は70点~80点を目指す

節約というと、電気をこまめに消して、安いスーパーに行って行列に並んで、安い曜日の日を狙って買い物するなど労力が伴うものがありますが、これらはほとんどやっていません。

三大固定費を見直すなどの大きいところを節約したらあとは気が向いたらやるということをやっています。

三大固定費見直しについては、こちらで紹介しております。

ポイ活についても80点目指しでやっており、こまごましたものは気が向いたらやるくらいの温度感です。10000楽天ポイントを貯めているダンナのルーティンについてもまとめております。興味ある方は御覧いただけるとありがたいです。

残業しない、飲み会行かないキャラを定着させる

帰る

いやわかるよ、そりゃあ残業と飲み会いかなければ時間余るよ。だけどなかなか断れないのよ、、、

これはダンナが今実際にやっている手法になりますが、段々と残業しない・飲み会行かないキャラを演じていったそうです。

ダンナ
ダンナ

飲み会の雰囲気は好きなんだけど、今は家族や友人との時間のほうが大事なので、残業しないですよオーラ全開に出して、飲み会も極力行かないですよっていう雰囲気出してます!

不思議なものでそういうキャラだと周りが認定すると残業の依頼や飲み会の誘いもなくなるようです。

誘う側からしても、いつも断ってくる人を誘おうとは思わなくなりますよね。

運動は時短の筋トレを

筋トレ

筋トレってなんか男の人がやるものじゃないの??

筋トレというとマッチョしかやっちゃいけないものというイメージがありますが、今では厚生労働省もお年寄りにも筋トレをすすめている時代です。

身体活動量が多く、心肺持久力の高い人は長生きであることが報告されている

筋トレは筋量を増加し筋力を高めるだけでなく、心血管系疾患の予防にも寄与、心機能に好影響をもたらす

有酸素運動に合わせて、筋力トレーニングをおこなうとより効果的です

https://www.mhlw.go.jp/content/000656456.pdf

筋トレはジムにいかなければできないものではなく、どこでもできちゃうものです。

スクワットなんて、家でも庭でもなんだったらトイレでだってできちゃいます。

運動というとウォーキングやランニングを思い浮かべる方が多いかと思いますが、だいたい準備の時間なども入れると1時間はかかると思います。

筋トレは別に着替えなくてもパジャマでだってできるので、30分以内に終わります。

筋トレが節約につながるという記事を違った切り口で書いておりますので、参考になれば幸いです。

スキマ時間を活用する

スマホ

スキマ時間っていったって、10分かそこらでしょ?

スキマ時間ならどなたでもあると推察されますので、この時間を有効に使えればとっても良いと感じております。

当ブログを読んでおられる方は、文字を読むのが苦痛ではないと思われますので、オススメしたいのが耳で本が聴けちゃうAudible です。

こちらの記事でレビューしていますが、とってもオススメです。

スマホとイヤホンさえあれば、たくさんの本を聴けてしまう優れものです。

まとめ

  • 貯金テクニックを使って時短テクニックできちゃう!
  • 家計簿アプリを使いこなし、先取貯金も自動化すれば、お金も時間も貯まるよ
  • 時短家電を使って、ラクしちゃおう!
  • 家事も節約も完璧を目指さず、80点取れたら合格と考えよう
  • 時短運動の筋トレをやろう
  • スキマ時間をスマホとイヤホンでフル活用しよう

こちらの記事を読まれていらっしゃる方はお忙しい方だと推察されます。そんな中でも時間を節約しようと思って、この記事までたどり着いたかと思います。

そういった方はとっても頑張り屋さんだと推察されますので、どうか完璧を目指さず機械にまかせられることはまかせて、完璧を目指さずゆるーく貯金と時短をすすめていければと願っております。

ゆるく

本日は以上になります。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました