40代から1000万円貯めるの遅い?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。ただ自分が良い!と思ったものだけオススメしています。
40代から 1000万円 貯めるのって遅い? 貯金
スポンサーリンク

本記事では

40代から1000万円貯めるの遅いかな…?

わたしのような庶民でも1000万円貯められる?

といったお悩みを解決できるはずです。

ずばり

40代からでも1000万円は貯められます!遅くありません!庶民でも大丈夫!

です。

それでは、理由について見ていきましょう!

この記事を書いた人
南の島で経済的自由を目指す夫婦

・アラフォー夫とアラサー嫁

・数年で_____資産3000万円オーバー達成

・資産5000万円でサイドFIRE目指す

・エンタメ(円貯め)風に発信

南の島で経済的自由を目指す夫婦をフォローする
スポンサーリンク

40代でも1000万円貯められる理由 3選

勉強
夫

自分は30代後半に資産形成に目覚め、1年足らずで1000万円貯められました!自分自身の体験談もあわせてお届けします!

収入じゃなく支出がカギだから

現金

40代ともなると収入は頭打ちになってくるから、貯金は厳しいのよ…

いざ、お金貯めようとなると

収入あげなきゃ

と考えてしまう方も多いかもしれませんが、1000万円貯めるのにまず必要なのは支出を見直すことになります。これマジです。

高年収=お金持ちと思いがちですが、毎年1億円稼いで1億円使ってたらお金持ちではありません。

支出を自分の心地よいところまで下げる

ことが大事です。夫が実際に支出を下げた過程を記事にしたものはこちらになりますので、ぜひともご覧ください。

んなこといっても、40代は家のローンとかキツイのよ…

そんな方にはこちらの記事をご覧ください。住宅ローンの返済額下げる方法を記してあります。

貯金は我慢じゃなくて仕組みづくりだから

貯金の仕組みづくり

貯金とか節約って聞くと我慢とか辛いイメージしかないんだよね…

そんな方に朗報です。1000万円貯めるのに大事なのは仕組みづくりです。こちらの名著でも書かれています。節約系ユーチューバーの節約オタクふゆこさんの著作です。

  • 先取り貯金
  • 浪費しない方法

これらは仕組化できます。努力や根性じゃなくて、仕組化で貯金はできるんです!

ちなみに本書を担当した出版社の方も実際に貯蓄できるようになったみたいですよ!机上の空論じゃないですね!

貯めれば貯めるほど貯金は楽になるから

うれしい

とは言えさ、1000万円って果てしない金額のような気がするのよ…

安心してください!

0円→100万円

100万円→200万円

これを比べると同じ100万円を貯めることに見えますが、後者の方が圧倒的に楽なんです。理由は

  • 100万円貯められた人は貯める習慣・仕組みができている
  • 貯金すればお金貯まるのが嬉しくなって更に貯まるように
  • 貯金がゲームみたいに思えてくる

ですね。こちらの本も節約系ユーチューバーの方で絶大な人気を誇るくらまさんです。これを読めば間違いなくお金貯まります。

今、お金貯めないとヤバイ理由 3選

いま、お金貯めないとやばい理由

お金貯めないとやばいって言いすぎじゃない?

いえいえ、今この時にお金貯めないと将来マジでやばい要素がたくさんあるんですが、ここでは厳選して3つお届けします。

2025年問題

2025年は都市伝説業界で言われているもの(個人的にはそちらも気になりますが)ではなく、団塊の世代が後期高齢者入りすることです。

それによって考えられるのは

  • 働く人が減る→もっと労働させられる
  • 医療費が増える→社会保険料と税金が上がる
  • 親の介護に直面→仕事に専念ができなくなる

あたりです。これって個人の力ではどうしようもないことです。なので多かれ少なかれ誰しもが影響を受けるでしょう。雑に言えば、

今のうちにお金貯めないとあとで自分が痛い目に遭いますよ

です。

改悪が続くお得制度

お得な制度の改悪

節約家や資産形成に励んでいる方はご存じかと思いますが、お得な制度やサービス改悪されていますよね?

  • ふるさと納税
  • 楽天経済圏

などなど。これらが今後、改善されるとは思えません。間違いなく改悪され続けるでしょう。

ということは今が一番、お金を貯めやすい時期なんです。

格差が広がっている現実

格差社会

こちらをご覧ください。

日本の純金融資産保有額の推移(兆円)
出典:格差の国際比較と資産形成の課題について 日本証券業界 https://www.jsda.or.jp/about/teigen/tougi/kakusa.pdf

言葉の説明をすると

マス層→庶民

アッパーマス層→けっこうお金ある庶民

準富裕層→小金持ち

富裕層→お金持ち

超富裕層→大金持ち

一目瞭然ですが、すべての層において増えています。

これは経済格差がどんどん広がっている証拠です。1億総中流なんて言葉はもう聞かなくなってしまいましたね。

雑に言えば

貧乏な人はより貧乏に、お金持っている人はよりお金持ちに

ということです。

もっと簡単に言えば

お金貯められない人とお金貯められる人の差は開くばかり

なんです。

ですが、これは裏を返せば

お金貯められる能力のある人はどんどんお金が貯まることに

ということになります。

個人的にお金貯められる人のラインは、まずは100万、500万、そして1000万を超えたらお金貯まる能力が確実にあると感じています。

まとめ

  • 40代で1000万円貯めるのは遅くありません 庶民でも可能
  • 1000万円貯めるにはコレ
    • 収入増やすより支出を見直し
    • 我慢で支出を減らすんじゃなくて仕組化すれば
    • 1000万円は遠いゴールじゃなくて貯めれば貯めるほど楽に
  • 今、お金貯めないとヤバイ時代に

40代でそろそろまとまったお金貯めないとヤバイかな…

その直感、あたっています。

お金がないとこんな弊害が生じます。

  • 嫌な仕事も続けないといけない
  • (家庭があれば)お金のことでパートナーとギスギス
  • 好きなものも買えない
  • 好きなこともできない
  • というかシンプルにお金の心配がストレス

逆を返せば、お金があればこういった弊害が解消されます。夫が実際に1000万円貯めて体験した感想をまとめてあります。

40代でも大丈夫です!きっと1000万円貯められます!

モチベーションが下がった時は、こちらの本やYOUTUBEをご覧になることをオススメいたします。きっとモチベーションアップにつながるでしょう。

本記事が皆様の貯金に役立てば幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました